“Krishna?” – in Japanese

“Krishna”???

なぜ神が生まれる?

なぜ神が名前、体や、沿革を持っています?

その物は「無限の制限」ではありませんか?

この問題に、インドのサンスクリット語の名著「Śrīmad  Bhāgavatam」と呼ばれるが対処する偉大な深さと詳しく説明します。

私は あなたを伝えるために しようと します。

私の母の助けを借りて、私はこのようにそれを表現することもできます:

無上幸福
表明するために
無数となる

この「一」は何でございましょうか?

この「一」は原始的な物です。名前がありません。体がありません。人格がありません。そして、誕生と死ぬときがありません。存在だけでは、あります。

でも 存在を持つから、意識があります。 意識を持つから、思いがあります。思いを持つから、幸せを望むがなります。

一番上な幸せ(「無上の幸福」)は何でございましょうか?

みんな自然に分かります:無上の幸福は、「愛」。でも、一人ぼっちで、愛ができますか?名前がないで、体がないで、それから、人格がないで、無上の愛幸福ができません。だから、「壱が無数となる」。

この「無数」は何でございましょうか? この「無数」は あなた、私、それに、世界、植物、動物、大仏も、います。

Krishnaは特別な大仏です、無上の愛の幸福のために神様です、あの「壱」の最初な人格です。Krishnaの望むは:「無数」と一緒に「無上の幸福を表明する」

Maha-Mantra Yoga

ヨガはサンスクリット語で「自己実現」と言う意味です。Yogaは八の部分があります:

1. Yama 他人を治療するため

2. Niyama 自分を治療するため

3. Asana 体の安らぎのために

4. Pranayama 呼吸の安らぎのために

5. Pratyahara 心の安らぎのために

6. Dharana 主体への集中

7. Dhyana 主体への完全な集中

8. Samadhi 主体への団結

でも、問題は、何の主体ですか?ヨガの父上、Patanjaiが、「何でもいですけれど、一番良いことはマントラ. マントラは音の中に神様」と言ういました。

いろいろなマントラ ありますが、一番強力なマントラは神様の名前から作られた。より親密な名前から作られた、より強力なマントラ。一番良いマントラ(「マハーマントラ」)は一番親密な名前から作られた、たとえば:Hari, Krishna, Rāma.

Hare Krishna, Hare Krishna, Krishna Krishna, Hare Hare
Hare Rāma, Hare Rāma, Rāma Rāma, Hare Hare

そのマントラの意味が無数ですが、私は一つの説明(せつめい)のしようとします:

美麗光輝
惹き付ける
幸福光輝
惹き付ける

マントラは歌と一緒に一番簡単と楽しいになります。このマントラの歌ってから私たちの心がKrishnaの美麗の光輝に惹かれなります。

Arati

“Arati”は象徴的でいっぱいある儀式です。

五つの要素がある。それぞれが異なった喜びを引き起こす。この儀式はその五つの喜び物を全部でKrishnaに提供する。

  • 土の喜びは香りです。そして、お香
  • 水の喜びは味です。
  • 火の喜びは眼です。
  • 風の喜びは触るです。そして、生地と団扇
  • 空の喜びは音です。そして、鐘とマントラ

それも、お花。お花は、「一番完璧な物」と言ういました。

Fire Yajna

これは非常に古い儀式です。私は、マントラを唱えるします, そのマントラの終(お)わりに私はいつも “svaha”と言うだろう. 次に、あなたたちも”svaha”と言ういます、と、火の中に少しお米を入れて下さい。

火は気力に質量を変換する。

気力は神様たちの物です。だから、火は「神への戸口(とぐち)」と言ういました。

火の中のお米は、神様送りのようものです。

Advertisements
Categories: Tags: , , , , ,

Do You have a Comment or Questions?

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s